塾を熟考する|大阪という都会で勉学を楽しむ

集団指導の良さ

集団指導で塾に通うということは、授業形態は学校と同じく多くの生徒がいる中で勉学を自分で確立しなければならないということである。個別でも集団でも、自分で勉強方法を確立し、学習の内容を理解することが大切であるということを忘れないようにしたい。しかし、子どもの性格によっては、集団の中で一緒に勉強をした方が学習能力が伸びるという可能性もある。人間は一人で生きているわけではなく、周囲の人と影響しあっている。子どもは特に精神と体が未発達なので、周囲の状況によっては染まる性格が異なってくることもある。勉強を一生懸命行なうという雰囲気の中であれば、勉強がなんとなく苦手であるという子どもでも引っ張られて学力が上がる可能性が高い。それが集団指導塾の良い点で、大阪にはこの集団指導と個別指導の両方が競合して営業している。どちらが良い・悪いというわけではなく、個人の性格に合わせて選ぶことができるのである。

また、大阪のような人口が多い場所では、大勢を対象にしてサービスを行えばその分料金を安くすることができるというメリットがある。講師が一人に対して指導する対象が多ければ多いほど、その講師に支払う料金や教室の使用料金を生徒の頭数で割って払うことになるので自然と安くすることができるのである。家庭教師や個別指導は、昔の教育でいえば特別な地位にある人々の間で行なわれていた教育であるので、料金が高くなるのは当然である。もし料金を安くして継続したいのであれば、大阪にある集団指導塾で指導を受けた方が経済的には良いといえる。また、実際の学校でも集団指導であるため、塾での態度を学校に活かすことができるというのも、社会教育の場としても使えるという点で良いメリットである。