塾を熟考する|大阪という都会で勉学を楽しむ

個別指導の良さ

塾の指導形態には二つの種類がある。一つは集団指導で、もう一つは個別指導というものである。個別指導は家庭教師と少し似たような性格があるが、施設に集まって講師が少人数を受け持つという形態なので、家庭教師のように家庭の穏やかな雰囲気の中で授業を行なうというやり方とは少し違った方法で指導が行なわれる。勉強をする場所とくつろぐ場所を変えたいという子ども、そして集団の中ではなく落ち着いて自分なりの勉強方法を確立したいという子どもに合った指導方法であるといえる。個別指導の施設では講師が少人数を受け持つことになるので、多少集団指導よりは料金が高くなるが、苦手分野に特化して取り組みたいと希望する人であればこの方が返ってリーズナブルで効率的であるともいえる。大阪では個人経営や大手企業が経営している施設がたくさんあるので、いろんな選択肢から個別指導の施設を選ぶことが可能になっている。

また、個別指導を選ぶというやり方には現代的な理由もある。特に大阪のような人口が多い大都市では、有名な学校も多数設立されているので、学力が高い国公立に合格するための取り組みをするという目的で塾に入る人が多い。それに付け加えて、個性的な指導ができるというのが個別指導のメリットである。大阪でもよくみられるように、今の子どもたちは少子化ということもあり、個性を大事にする教育を受けている。人口が多い大阪ではその個性の数も多種多様になってくるのである。それに対処できるのが個別指導ということである。集団で一斉に授業を始めるわけではないので学習の進度も自分ではかり、入塾時期も自由となっている。多様性を活かした教育をするなら個別指導が一番良いといえる。